テーマ:登山

ちょっと矢倉山(311m)へ

天気も良かったので10:30に家を出て、矢倉山に登った。 いつも登る山で40分もあれば頂上に着く。 里山である矢倉山にも猪が毎夜出てくる。 というのも、竹林の中は穿り返されていてあちこちに地中の筍が食べられ た様子が分かる。 頂上から見た今日の景色。 眼下に新東名高速道路の伊太高架橋。 この下で、先日の梅祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貫ケ岳879.3mと平治の段937mに登る・・・その1(駐車場から晴見台まで)

2月1日(日)新東名高速道路・新清水ICをおりR52を走り、静岡市と山梨・ 南部町万沢との境にある「貫ケ岳879.3m」「平治の段937m」に登ってきた。 8:35 ゲートボール場に駐車。 目の前には、これから登る貫ケ岳 建物は公会堂である。ここで水洗トイレを借りることが出来る。 ただし、任意ではあるが、使用料とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菩提山691mに登る

天気も良かったので急に思い立って島田市伊久美と藤枝市滝沢の市境に ある菩提山に登ることにした。 家を10:00ちょっと前に出発し、出発地点の桧峠に10:40に着いた。 さっそく靴を履き替えて、10:45歩き始める。 桧峠の集落付近はなだらかな地形で茶畑になっている。 農道を10分ほど歩くことになる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満観峰470mに登る・・・その2(頂上から駐車場まで)

満観峰からの眺めはほぼ360度。 天気快晴・無風状態ということもあり最高の景色を眺めることが出来た。 「静岡勤労者山岳会」は、この頂上で全員集合らしく150人以上の参加者が みえていた。 頂上からの景色 静岡市と富士山 富士山から右(南方面)へ愛鷹山系・伊豆半島 焼津港・駿河湾 頂上で景色を眺…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

満観峰470mに登る・・・その1(小坂登山口から頂上まで)

昨夜から未明まで続いていた強風はぴたっと止み、素晴らしい天気となった。 この時季、太平洋沿岸は、特に静岡県は風さえなければ汗ばむ陽気となる。 焼津市と静岡市の境にある「満観峰」に登ることにした。 これまで焼津市花沢から何回も登っているので、今回は静岡市用宗小坂 からのルートで登ることにした。 小坂地区の農道を南南東方向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の雨ケ岳1771.7mに登る

今年初めての登山。 富士山西側にある雨ケ岳に行くことにした。 この山へは3回目となるが、いずれの時も雪があったので冬季に登って いることになる。 朝霧高原の根原の駐車場(私有地なので駐車料金500円をポストに入れる) からスタートとなる。 8:06 ゲートの横をはいり暫く杉林の中の林道を歩く。 すると、東海…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

山梨・金ケ岳1763mと茅ケ岳1704mに登る・・・その2(頂上茅ケ岳から駐車場まで)

茅ケ岳頂上からの眺望は360度。 晴天、風はほとんど無く、全くの登山日和に満足。 今まで歩いてきた金ケ岳(北峰と南峰)からの尾根径を振り返る。 瑞牆山・金峰山の方角 富士山を望む 八ヶ岳、鳳凰三山から甲斐駒ヶ岳は山頂付近は吹雪いているようで雲の中。 残念ながら見ることができなかった。 1…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

山梨・金ケ岳1763m と茅ケ岳1704mに登る・・・その1(登山口から茅ケ岳頂上まで)

昨日(12/22)晴天。 近くの手頃な山は強風で登山には不向きな様子。 茅ケ岳は風も強くないようなので出掛けることにした。 家を6:00出発。新東名高速道路~R52~中央自動車道と乗り継いで 韮崎ICで降り、明野の野外キャンプ場付近の8:30に登山口に着いた。 8:45 登山口を出発。 今回は、金ケ岳(北峰)~(南…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

十枚山1726mに登る・・・その2(頂上~十枚峠~駐車場)

頂上での記念撮影 頂上からの景色 頂上で約30分の昼食タイムをとった後、11:55 下山開始。 下十枚山への径を150mほど下ると十枚峠となる。 尾根径の左手は山梨県南部町。急峻な崖となっていて、西側なので日当たりが 悪く、所々に数日前に降ったであろう雪が白く見えた。 こち…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

十枚山(1726m)に登る・・・その1(登山口から頂上まで)

11月24日(月)、静岡市安倍川上流の左岸にある「十枚山」に登った。 梅ヶ島・関の沢から「中の段」への林道を走り、途中の路肩に駐車スペース を見つけて車を置く。 まだ農道が続いているが、農家の人が使用するので「これ以上、一般車は 通行を遠慮して欲しい」というような内容の案内がある。 九十九折りの舗装道路を歩くことになる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

沢口山の頂上から「天水」手前までピストン

沢口山頂上からの景色。 晴れていれば見える富士山は、雲に隠れて見ることは出来なかった。 「朝日岳1826.6m」と、その向こう側に「大無間山(ダイムケンサン)2329.3m」 ずっと奥の方の山は、安倍川上流の八紘嶺? ここで10:45~11:15、昼食を摂る。 そして、今まで歩いたことがな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

沢口山(1425m)に登る・・・・その1(登山口から頂上まで)

11月16日(日)大井川の上流・・・といっても支流の寸又川流域にある 寸又三山の一つである「沢口山」に登った。 今回で、5回目となる。 登山口は秘湯「寸又温泉」のある集落にある。 登山口を8:20に出発。 25分ほど杉林の中をジグザクに登る。 すると尾根径にでる。 ここからは気持ちの良い雑木林となる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒島山1523.5mの頂上から下山・・・駐車場まで

頂上からは360度の眺望が楽しめました。 白山 御嶽山・・・・噴煙が上がっている様子が分かる 大野市・・・・山に囲まれた平地が見事な地形 乗鞍岳(と思われるが・・・) 頂上には私たちの他二人、そして跡から三人・・・。登山中に私たちを追い抜き 既に下山した人たちも四人ほどいた。 1…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

荒島岳1523.5mに登る

11月3日(月)午後2時家を出発し、東海北陸自動車道の白鳥ICから 中部横断自動車道にのり「九頭竜駅」の隣の「道の駅」を過ぎ、その先 の「平成の湯」まで行く。 隣のホテルのレストランで夕食を摂り、その後温泉に入りドライブの疲れ を取る。再び、道の駅まで戻り車中泊することにした。 雨が降っていたが8:00pmまえには就寝。夜中に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

籾糠山に登る・・・その2(籾糠分岐点~頂上~カラ谷登山道下山)

ブナ探勝路を楽しみながら歩き、籾糠分岐点で小休止する。 この地点は1629mである。ここまで登山路は、肘用に整備されていて 階段も自然林の枝をそのまま使い、階段の高さ幅とも人が歩きやすい ように工夫されていた。 所々にブナの倒木を利用したベンチがあり、ありがたかった。 ここから頂上までは40分と案内してあった。 途中2カ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

天生(アモウ)湿原から籾糠山(1744m)に登る・・・・その1(駐車場から籾糠分岐点まで)

ブログ友「山やん」さんの記事で知った天生湿原にどうしても行きたくなり 出掛けることにした。 25日(土)14:40家を出発し、新東名~東名高速道路~東海環状~ 東海北陸自動車道と走り、荘川ICで下りる。「桜香の湯」で夕食と入浴を 済ませた。 再び東海北陸自動車道に乗り白川郷ICで下り、道の駅「白川郷」の駐車 場で車中泊した。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山伏2014mに登る・・・{蓬峠から頂上へ}

蓬峠で小休止した後、霧が立ちこめる林の中を歩いた。 散った葉が敷き詰められた径は歩きやすかったが、登りがきつくなってきた。 しかし、1500m付近の木々は紅葉し始めていていたし、200mほど 高度を上げると霧の層はすっかりなくなり林間から雲海と大谷崩れや 富士山を見ることが出来たので、全く疲れが吹き飛んでしまった。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

山伏(ヤンブシ)2014mに登る・・・その1{登山口から蓬峠まで}

10月13日(日)静岡市安倍川上流にある「山伏」に登ってきた。 この山は2014mで、今年の西暦年号2014年と同じ数字である。 そのようなわけで、今年中に登っておきたかったのである。 8::24 登山口を出発。 西日影沢沿いに10分も歩くと、沢の向こう側に高さ50m以上もある滝が見える。 沢全体が台風18…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四阿山と根子岳に登る・・・(その3「根子岳頂上から牧場駐車場へ」)

根子岳頂上を目指して笹原の中を登る。 途中に岩場がある。 11:30 ここで小休止してい四阿山を振り返ってみる。 少しだけ紅葉した葉が目につく。 頂上手前には大きな岩があり、それらを迂回する形で径が取り付けられて いた。 ここを過ぎると頂上はもうすぐである。 12:…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

四阿山と根子岳に登る・・・その2(頂上から根子岳へ)

頂上には三つの祠がある。 一つめは 二つめ 三つめ 頂上からの景色 頂上で昼食を摂った後、根子岳に向かう。 木道を下り、分岐まで戻ることになる。 木道から見える根子岳 分岐から根子岳へ行くには、石の多い急坂を鞍部まで下ることになる。 径はしっかり分…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

四阿山(アズマヤサン)2354mと根子岳(ネコダケ)2207mに登る・・・その1(四阿山頂上ま)

9月14日(日)13:30家を出発し、上信越自動車道「東部湯の丸IC」近くの 「湯楽館」に着いたのは18:30であった。 併設されているレストランで窓越しに丸子や上田の夜景を眺めながら夕食を 済ませた。そして湯楽館で温泉で汗を流してから道の駅「雷電くるみの里」に 向かい、車中泊となった。  すでに駐車場にはかなり多くの車がいて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりに「矢倉山311m」へ

蒸し暑い夏の間、低山へ登るのは控えていたが、昨日は曇りであまり 暑さを感じなかったので久しぶりに矢倉山まで登ることにした。 焼岳に登った後、天気も雨続きだったし山歩きは出来ずにいたので 体も鈍ってきていた。 頂上までは約40分手頃な散策コース。 ついでに小枝アートに使うキウイの蔓を採ってこようと思った。 13:0…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

焼岳(北峰)2399mに登る・・・(頂上から中ノ湯)

頂上での記念撮影 わき上がってくる霧のため頂上からは余り展望が利かなかったが、 ときどき切れ間ができて北岳頂上からの景色を堪能することができ た。 硫黄の粒子が岩に取り付いて黄色になっている岩。 眼下に見えた火口湖「正賀池」 火口湖の向こう側に聳える南峰(ここは登山禁止になっている) …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

焼岳(北峰)2399mに登る・・・・(上高地・田代橋から頂上まで)

8月20日(水) 中ノ湯温泉旅館に前泊し、翌朝(21日)6:00旅館の ワゴン車で中ノ湯バス停まで送ってもらう。 6:14発のバスに乗り、上高地帝国ホテル前にて下車。 6:30 田代橋から、梓川右岸の道を歩き出す。 梓川の水は透き通っていて、そのまま飲料水になるのでは・・・と思える ほど美しく清らかであ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

南アルプス「間ノ岳」3189mと「北岳」3193mに登る・・・第3日(山荘から北岳~広河原)

山荘の朝は早い。3:30起床、いつでも出発できるようにリュック等の支度を 調えておく。朝食(第一グループ)は4:30。 第二グループが5:00からのため早食いである。 朝食を済ませると周辺の山が明るくなりだす。 北岳の右側から昇る朝日。黒いシルエットは北岳の稜線。 さらに東に目を転じると富士山が・・・。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

南アルプス「間ノ岳」3189mと「北岳」3193mに登る・・・第2日(北岳山荘⇔間ノ岳)

昼食を済ませ、リュックの中の余分な荷物を出して身軽になった私たちは 間ノ岳を目指して11:40に出発した。 地図上では山荘から南南西の方角になる。 山荘を出て振り返ると、北北東の方角に明日登る北岳や以前に登った 仙丈ヶ岳の雄姿が見える。 これからピストンで間ノ岳まで行くのだが、ここからではピークは見えないる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南アルプス「間ノ岳」3189mと「北岳」3193mに登る・・・第2日(北岳山荘)

白根御池小屋(海抜2236m)で一夜を明かした。 朝食5:00、出発5:35。大樺沢の二俣から雪渓を登り、八本歯のコルに 向かう。 朝の冷気で気持ちの良い樹林の中、ほぼ平坦な径を30分も歩くと 二俣に出る。林の中から雪渓が目に入る。 6:00 ヘルメットとアイゼンを装着して大樺沢の雪渓に入る。雪渓には冷気が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

南アルプス「間ノ岳」3189mと「北岳」3193mに登る・・・・第一日(白根御池小屋まで)

7/30~8/1 2泊3日で富士市Yさんご夫婦とKさんに案内されて、念願の 南アルプスに出掛けた。 第1日は、 奈良田温泉からバスで広河原まで行き、そこから白根御池小屋まで行き宿泊。 第2日は、 二俣コースをとり大樺沢雪渓を登り、「八本歯のコル」に出てから北岳山荘 への巻径をとり、北岳山荘にて昼食を摂った後荷物を軽く…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

瑞牆山(2230m)に登る・・・(頂上直下~頂上~富士見平~芝生広場)

頂上直下の岩場ロープを登れば頂上である。 11:54 頂上に立つ。 既に頂上は多くの登山者で一杯であった。 ほとんどの人は富士見小屋ルートからの登山者である。 頂上からの展望 南東方向にある金峰山は「五丈岩」が見える。 南西方面 頂上で30分ほど昼食・休憩時間をとり、12:3…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

瑞牆山(2230m)に登る・・・・その1(駐車場から頂上直下まで)

昨日(7/12)、隣人Tさんを誘って5:00amに家を出発。 新東名高速道路~52号線~中央道・須玉ICから信州峠方面に向かい、 途中で瑞牆山麓方面に右折して芝生広場駐車場まで走る。 8:13芝生広場に到着。 駐車場から瑞牆山を見上げる。 今回は、「芝生広場~不動の滝~頂上~富士見小屋~みずがき林道 ~芝生広場」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more