テーマ:山歩き

北横岳2471m

2017年12月31日、 ビーナスラインを走り、9:00過ぎにピラタス蓼科ロープウェイ駅に着く。 早速身支度をし、30分ほどしてからロープウェイで頂上駅までいく。 10:15 ちょっと歩いてから山頂駅を振り返る。 雪は登山者に踏まれて歩きやすい。 アイゼンを装着したが着けなくても歩けそうだ。 坪庭…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

横尾山1818m

2017年12月30日信州峠から横尾山に登った。 駐車場を9:00頃出発。 峠は標高が高いのでそんなに登らなくてよい。 案外と平坦部の雑木林が続き気持ちよく歩ける。 10:30ころ雪道となる。 10:58カヤトの原からの眺望 富士山 北岳をズーム 八ヶ岳 路はほぼ平坦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南沢山1564m経由で横川山1619m

1月7日朝5:30長野県阿智村を目指して出発。 途中コンビニで弁当を買い込み、3時間30分で登山口に到着。 道路は積雪であryがスタッドレスタイヤがものをいう。 9:07 アイゼンを装着して雪道を登り始めた。 約1時間経過したころ 林の中は見事な雪 11:30 南沢山に到着。 なだらかな笹原高原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入笠山1955mに登る

12月25日 朝6:00家を出発する。 長野県富士見町の入笠山ゴンドラリフト乗場に9:00到着。 早速身支度してゴンドラに乗る。 9:20頂上駅からスタート。 目の前に八ヶ岳連峰 湿原を目指して森に入る。 湿原の木道を歩くと、間もなく山彦山荘(休業中) 10:00 山荘前から帰路歩く木道を見る。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

飯盛山に登る

久しくブログを(昨年の)9月から休んでいた。 Facebookの方にのめりこんでいるのでブログはすっかりご無沙汰でした。 ということで再びぼちぼちやることにします。 今年の2月長野県の飯盛山に登った時の景色です。 登り口から八ヶ岳を望む 雪の積もった緩やかなスロープを登っていきます。 野辺山高原の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立山連峰を歩く・・・その3(剱御前小屋~奥大日岳~室堂)

小屋から早朝5:00の剱岳を望む。 5:30朝食を済ませ、奥大日岳を目指して6:00出発。 午後に天気が崩れるという予報なので、行けるところまで行こうと決めた。 左手に、昨日歩いた雄山から別山までの尾根を見ながら、約40分の下りと なる。 この下りのお花畑は見事な広さがあり、すでに盛りを過ぎてしまっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

立山連峰を歩く・・・その2(大汝峰休憩所~別山~剱御前小屋)

休憩所に立ち寄り、昼食を摂った後、11:10出発。 富士ノ折立~真砂を経由して別山をめざし尾根径を歩く。 登り始めた頃の晴天が嘘のように、霧が出てきて遠望ができなくなった。 11:40 真砂岳を正面にした頃、右手に小さな雪渓が・・・ 大走り分岐 (霧が濃くなり雨粒状態…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

立山連峰を歩く・・・その1(立山駅~雄山~大汝山)

8月19日 午後自宅を出発し・・・夜9時頃立山駅横の無料駐車場に車中泊。 (朝の様子) 20日朝早く立山駅からケーブルカーに7分ほど乗り美女平に。 そしてバスに乗り換え1時間ほど揺られて立山室堂山荘に到着。 7:20 いよいよ登山開始 前方にこれから登る雄山と大汝山 さらに左手に真砂たけから別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アルプス山行き・・・その6(赤石小屋から下山)

赤石小屋で一夜を明かし、翌朝6:00に小屋を出発。 出発前5:40頃に撮影した山容 聖岳 頂上でコーヒーを呑んだ赤石岳 ここからは樹林帯の中をひたすら下ることになる。 30分ほど下ったところで小休止。 この「南アルプス山行き」の全行程で同じ日程で抜きつ抜かれつした栃木県の 素…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南アルプス山行き・・・その5(荒川小屋~赤石小屋)

快適な荒川小屋で一夜を過ごした。 朝食を済ませて、5:45 赤石岳を目指して出発。 今夜宿泊する赤石小屋には14:30までに入る予定だったので、余裕ある 歩きとなる。 トラバースするなだらかな径を少しずつ高度を上げていく。 6:35 大聖平 後から若者が足早に近づいてくる。 重い大きな荷物を背負った大学生で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アルプス山行き・・・その4(前岳~荒川小屋)

前岳の荒々しい崩壊の様子を見た後、12:24分岐まで戻る。 リュックサックを背負い、荒川小屋まで下り始める。 この下りにはお花畑があり、時間に余裕があったので写真を撮りながらの ゆっくり歩行となる。 13:00 分岐と荒川小屋の中間地点。 ここから小屋まではあと30~40分であ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

南アルプス山行き・・・その3(丸山~荒川前岳「悪沢岳」~中岳~前岳)

8:20 丸山を跡にして悪沢岳に向かう。 悪沢の名のごとく荒れている岩場 尾根づたいの径は展望が素晴らしい 遙か彼方に乗鞍か? 塩見岳、北岳方面 9:10 悪沢岳頂上3141mにて記念撮影 後方には、これから行く中岳・前岳方面が見える。 360度の眺望…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南アルプス山行き・・・その2(千枚小屋~千枚岳2879.8m~丸山)

千枚小屋では、20:00消灯、4:00起床、朝食5:00 この日(8日)も絶好の登山日和である。 小屋からから見た夜明けの富士山 朝食を済ませ、5:40千枚岳を目指し出発。 朝日を真横から受けた周囲の山々が鮮明に見えて美しい。 望遠でとらえた笊が岳 6:22 樹林帯から出て・・・ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南アルプス山行き(千枚岳~荒川三山~赤石岳)・・・・その1千枚小屋まで

5月21日「下十枚1733m」の記事以来のブログ更新になってしまいました。 この間、6月18日八方尾根(丸山まで)、19日雨飾山1963m、 20日栂池高原散策。 そして、 7月3日山梨・三方分山~パノラマ台、16日八ヶ岳の天狗岳2646m、 26日三ノ沢岳2846mと行ってきました。 さて、8月7日~10日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大札山1373mに登る

15日(日) 7人のメンバーで、大札山の南側尾根から頂上を目指して 登る。 大札山には何回か登っているが、南稜線ルートを登るのは初めてである。 8:00 登山口を出発し、杉・桧の植林帯を暫く登っていく。 自然林の緑が気持ちよい。 9:05 この稜線はところどころ痩せ尾根があり、左右は急峻な崩れとな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

白草山1641mに登る

GW間の平日5月2日に岐阜県中津川R257・256(花街道)の付知温泉に 立ち寄った後、道の駅「加子母」にて車中泊。 翌朝、下呂市宮地の交差点を右折して県道440号にはいる。 道路はやや細いが舗装されているので問題はない。 乗政キャンプ場を過ぎて林道ゲートまで進む。 駐車場もあるが、既に路肩に駐めてある車が2台あったので、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

金勝山ハイキング・・・その2(天狗岩~馬頭観音堂)

天狗岩の下(K10地点)で昼食を摂った後、11:00耳岩に向かって出発。 そこまでは約10分ほどである。 11:04 天狗岩を振り返る。 大勢のハイカーが蟻のように見える。 途中に、お結びのような形の岩が・・・転がり落ちそうで落ちない。 11:15 K11地点 岩が迫っているところを通過して・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金勝(こんぜ)山ハイキング・・・その1(上桐生~天狗岩)

5月8日(日) 滋賀県栗東市の金勝山(こんぜやま)ハイキングに行った。 網のようによく整備されたハイキングコースで、各箇所にポイントが明示され 迷うことはないと思った。 今回のメンバーは6人。 7日「こんぜの里{バンガロー村}」に前泊した。 8日朝、4人と2人に分かれ、4人が同行の2人に車で上桐生の駐車場に送って も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山梨・節刀ケ岳 1736.4m

少し前になるが(4月29日)、仲間6人で山梨県富士河口湖町と笛吹市の 境にある「節刀ケ岳」に登った。 笛吹市の上芦川から林道を車で上がり駐車場に着いたのが8:25頃。 既に高度は1100m位あり、風は強く気温は低くまだ冬の気候。 早速身支度を調え出発。 10分もしないで新道峠となり、気持ちの良い尾根径歩きとなる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鎌ケ岳1161mに登る・・・その2(頂上から沢コース下山)

頂上からの展望は360度 頂上にて昼食を摂った後下山開始。 10:43 岳峠から下り、石ころだらけの沢径(涸れ谷)に入る。 高度を下げるにしたがって、沢水が流れ心地よい瀬音を聞きながら下る。 岸壁面にはイワウチワ、イワザクラの可憐な花も咲いていた。 沢の水…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鎌ケ岳 1161mに登る・・・その1(登山口から頂上まで)

4月16日(土)に、三重県の御在所岳南側に位置する鎌ケ岳に登って きました。 朝5:00頃、家を出発し鈴鹿スカイラインの登山口駐車場に着いたのが 7:25頃だった。 既に駐車場は満車状態で路肩にも何台か駐めてあったが、運良く駐車 場(P2)にスペースがあったので、ひこに駐車した。 今回のルートは地図上の「濃い赤線」で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川根本町・大札山1373m・・・アカヤシオ満開

4月24日(日) 大札山に登ってきました。 妻と家を6:50に出発。 待ち合わせ場所で他4人を車に乗せ、6人となる。 途中のコンビニで食料を買い入れ、大札山の駐車場(既に1,100m)に到着 したのが8:15。 頂上までは約40分。 写真を撮りながらのゆっくりペース。 雑木は芽吹きが始まったばかりである。 ヒ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

本宮山 789m に登る。

4月2日(土) 愛知県豊川市・岡崎市の境にある「本宮山」に登ってきました。 本宮山には砥鹿神社があり、そこへ行く参道をずっと登っていくことになる。 この山の頂上手前には砥鹿神社奥宮があり、ここまでは本宮山スカイライン がついているので、車で参拝する人も多い。 ウォーキングセンターに車を駐め、出発したのが8:25。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆の国市・「葛城山~発端丈山」ピストン

15日(火) 義兄姉と一緒に、伊豆の国市の低山「葛城山」と「発端丈山」に 行ってきました。 家を7:00に出発し、ロープウェイ搭乗口に着いたのが9:30頃。 往復搭乗券を購入し、頂上まで一気に登る。 前日の雨が空気を綺麗にしてくれ、天気も良かったので360度の眺望。 駿河湾最奥部から南アルプス、富士山、箱根駒ヶ岳、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一真富士山~第二真富士山・・・その2

第一真冨士山で昼食を摂ったのち、10:30 尾根づたいに第二真冨士山を 目指す。 頂上から南東側(山梨県)を眺める。 気持ちの良い林の中を歩くと、目指す第二真冨士山が見える。 随分遠くに見えるので大分時間がかかるのでは・・・と思った。 (実際は、それほどでもなかった) 10:41 一旦小さな鞍部に降り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第一真富士山~第二真冨士山に登る・・・その1

3月5日(土)7:00家を出発。 新東名高速道路静岡ICで降り、(コンビニで昼食を購入し)安倍川左岸を 上流に向かって進む。 大河内・平野から林道を15分上がり、第3登山口に到着したのが8:20。 すでに数台の車が駐まっていた。 8:30 登山口を出発。 頂上まで、石仏が置かれているコースで、出発点にも・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山梨県本栖湖・烏帽子山1257mに登る

1月22日(金)、山梨県富士五湖の一つ「本栖湖」の北側にある烏帽子山に 登ってきました。 過日、雪が降ったので、20~30cmの積雪があった。 積雪後に誰も登った形跡はなく、獣の足跡のみたくさんあった。 気温は低かったが、快晴無風の恵まれたコンディションであった。 県営駐車場に車を止めて9:00に出発。 湖畔の舗…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

御在所岳1212mに登る

1月10日早朝5:30に家を出発し、三重県四日市ICから菰野市を目指した。 湯の山温泉に到着したのが8:20頃。 早速身支度を調えて、「中道コース」の登山口から登り始める。 (余談だが、一眼レフカメラを首に掛けて登り、途中で素晴らしい景色に 感動しながらシャッターを押した。 頂上を間近にした見晴台について、どんな風…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

熊伏山1653mに登る・・・その2(頂上から下山)

頂上は、あまり展望がきかないために、少し引き返し温かな場所で昼食を 摂ることにした。 短時間で昼食を終えて、11:10下山開始。 葉を落とした木々の間だから南アルプスの光岳?が見える。 下山中に撮った景色 長野側の山肌に取り付いている集落 中央構造線・・・遠くは分杭…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

熊伏山 1653m に登る・・・その1(頂上まで)

1月4日 6:45 家を出発。 鹿東名高速道路「島田・金谷IC」~「浜松北IC」を走り、R152を北上。 途中のコンビニで昼食を購入し、水窪青崩峠に到着したのは8:40 早速身支度を調えて、8:45出発した。 しばらく石畳の径が続く。 この道は、遠州(太平洋側)と信州との間で人・物が交流した重要な交…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more