テーマ:庭の木々

メジロとツグミ(or ヒヨドリ)

今頃になると、ベランダにあるコブシにミカンを付けておく。 すると、どこからともなくメジロが2匹やってくる。 辺りを警戒しながらミカンを啄みだす。 するとツグミだろうかヒヨドリだろうか、メジロより大きな鳥がやって来る。 メジロはすぐ退散する。 この大きな鳥も2匹でやってくるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すっかり葉を落としてしまったコブシ

今日も風がほとんどなくて静かな一日だった。 ベランダには辛夷(コブシ)の木があって、真夏には適当な日陰を つくってくれる。 秋になり黄色に色づいた葉は、初冬から葉を落とし初めて 先日の強風でほとんど葉を落としてしまった。 午前中に、この木に登り伸びすぎた枝を鋸で切った。 切り落とした枝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏原(かしわっぱら)~ドウダン原~伊太和里の湯を歩く

10時40分頃、娘に車で柏原への登り口まで送ってもらう。 新東名高速道路大井川橋の東側である。 小枝アートとの材料(小枝・蔓・ツルウメモドキ等)を取りながら の歩きでした。 11時30分柏原で簡単な昼食を摂った後、尾根づたいに歩く。 13時50分、「伊太和里の湯」手前の「環境プラザ」前のバス停留所で …
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

オンシジウムと綿花

昨年知人からいただいたオンシジウムが花を付けている。 いつも蘭を買ったりいただいても、翌年にはだめにしてしまい花を咲か せたことがほとんどなかった。 しかし、今回はうまく花を付けてくれた。 いつも小枝アート「木人形」を作るとき、人形の頭髪に「綿」を使う。 綿の中に種子が入って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アブラゼミの脱皮

真夏日が続くようになると、夕方から庭のあちこちにアブラゼミが出てくる。 孫達にとっても私にとっても「蝉の脱皮観察」の絶好の場所となる。 地中で6,7年を過ごした後、サナギになって庭木をゆっくりゆっくりと 登ってくる。 適当な場所(地上に出てから一定の時間が経過した場所かも・・)に しっかりと捉まって脱皮を始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄関のフウランと庭のコブシの木

いつも小枝アートの作業をするベランダです。 今はコブシが枝葉を広げ、午前中はベランダに日陰ができます。 玄関外には藤蔓で作ったオブジェには花をいっぱい付けたフウランを 飾りました。 フウランは夕方になるとかすかな香水のような芳香を漂わせます。 今日は、午前中に黒猫ティアラを病院に連れ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

庭のフウラン

庭にいくつかのフウランを置いてある。 このところの高温多湿の天候で、花芽を付けてきた。 夕方になると、香水のようなほのかな香りを漂わせてくれる。 フウランは華やかな花ではないが、ほとんど手入れも要らず ひっぽかしておけばよいので、私にはぴったりの花である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山と鶯(うぐいす)・不如帰(ほととぎす)

我が家は里山に囲まれた団地の中にある。 このところずっと、朝起きてからほぼ一日中鶯と不如帰の鳴き声が 耳に入ってくる。 「ホーホケキョ ケキョケキョ・・・」(鶯) 「トーキョートッキョキョキョク」(不如帰) 不如帰はときには「東京特許許可局」というふうに聞こえることがある。 今こうしてブログをつくって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花、小枝アート そして黒猫ティアラ

我がブログの名前になっている「黒猫ティアラ」は、このところずっ~と 長い間登場することはなかった。 最近は、食欲が落ちていてあまり餌をがつがつと食べることはない。 飼い始めて12年くらい経つので、人間で言うと結構な歳だと思う。 きょうは新聞を読んでいると、横にちょこんと座っていたから写真を 撮った。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

路傍の美しき花たち

26日(土) カメラを肩に掛けぶらぶらと散歩に出た。 畑の中、道ばたの草むらに咲く花が目に入った。 どの花も必要以上に驕ることなく、自分なりにけなげに精一杯咲いて いて愛おしくなる。 そして、いつも思うのだが、花たちは数学的というか幾何学的な美も きちんと持ち合わせている。 小川洋子の「博士の愛した数式」…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

物語(童話)の場面撮影の練習

急に思い立って、今まで子ども向けに作ってあった 木人形を庭に出し、場面を想定して木の根本や枝に置いて 何枚か写真を撮ってみた。 ピント合わせがうまくいかなかったし、肝心な背景がよくなかった。 だから、今回は全くの練習である。 ピントが合ったものだけを何枚が紹介してみる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

樹上の木人形

朝の10時頃から午後2時までベランダに出て、BSTV{MLB}の ダルビッシュ投手を見ながら、木人形作りをした。 完成品は4体。 庭のコブシの枝(股)に置いて写真を撮った。 【大きめのもの2つ】 2つ一緒に仲良く・・・ 【細身で小さいもの】 こういう木人形…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セッコクとフウラン

我が家の庭にはセッコクとフウランがある。 いずれも日本の蘭であるが、野生のものは採取が禁止されている。 これらは、以前に勤め先の上司に教えられて始めたものだ。 何と言っても、普通の花と違って余り世話をしなくて良いというところが ものぐさな私にとっては都合のいいところだ。 【セッコク】 【フウラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花・若葉・・・初夏

風が強かったが実にさわやかな初夏の天気だ。 心身共にリフレッシュできる。 庭にある木々も若葉が日ごとに大きくなってきた。 ベランダの桂は、丸っこい可愛い形の葉をつけている。 玄関先に置いてあったクレマチスは、三日ほど前に蕾が一斉に開花した。 枯れたと思っていると、次の年には元気に芽を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭にある山菜 ハリギリとコシアブラ

山菜採りが好きな私は、庭にハリギリとコシアブラの木を植えてある。 山菜採りに出掛けるための一種のバロメーターとして利用するためだ。 今年は例年になく寒かったために芽の膨らみは遅かった。 しかし、ここに来て急に伸び始めた。 明日は、天気さえ良ければ、山に出掛けて山菜を採ってこようと思っている。 庭に植えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大小の木人形数体

暖かな春らしい日。 例によってベランダで作業した。 庭の白木蓮は一斉に開花してしまった。 木人形は、大きいのやら小さいのやらたくさんできたので、近くの里山で 取ってきた藤蔓をリースにして飾り付けてみよう。 これから一段と温かくなり「蔓」は水分をどんどん吸い上げてくるので、 採取に適当な時季は三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の小枝アート作品

少し風が冷たかったけど、陽光は完全に春の気配。 天気が良かったのでベランダにて精力的に木人形を作った。 全部で10体ほどできたので、その中のいくつかを例によって 椎の木の幹に付けてみた。 今回は椎の木の皮を全部剥ぎ取って、ニスを塗ってみた。 柿渋と比べ、「味わい」が少し落ちるが速乾性が作業上都合がよい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイセンとバンジー narcissues and pansy

三寒四温、次第に春めいてきた。 先日の暖かな日、ウグイスの初鳴きが耳に入った。 我が家の庭のスイセンとパンジーも色鮮やかな花を咲かせている。 辛夷(こぶし)の芽は依然として小さく固いが、木蓮の蕾はだいぶ 膨らんできた。 今日の雨の後に、再び暖かな春日が訪れれば一斉に開花するだろう。 スイセン …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅の花とウグイス

私が住んでいる伊太地区は「梅」で有名である。 観光のための「梅園」はないが、里山周辺に梅の木が植えられている。 「梅干し」「梅ジュース」を作るための梅である。 例年、今頃梅が開花(ほとんど白梅)するが、今年は寒くて開花が遅い。 それでも、梅林の間を散歩すると、きれいに開花した梅を見ることができる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの木人形づくり

今朝少し雨がぱらついたが、8時過ぎには天気が回復した。 午前中はボランティアの会合があった。 帰宅後、ベランダで久しぶりに木人形とその飾りづくりに励んだ。 やや大きな物 小さめの物 二つ合わせて いくつかの木人形を台につけた飾り物 ベランダの横にある辛夷(コブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アシナガ蜂

すでに暦の上では秋になっている。 しかし、残暑が厳しく日中の気温はは30度を超えている。 今日は、孫が通う小学校の運動会だった。 通学路の脇には彼岸花が咲いている。例年、お彼岸の頃に急に咲き出すが 今年は若干早い気がする。 さて、今年の夏は例年になく蜂の巣を見つけた。 家の庭にはアシナガバチが二つも巣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残暑の中、綿花が咲きました

クリスマスの頃、花屋さんに綿花(ドライフラワー)がおいてある。 この綿を、リースづくりの飾りや木人形の頭髪に使ったりする。 綿を使うと中に種があるので、それをためておいた。 今年の春に種を5,6個プランターに蒔いておいた。 しばらくして芽を出したので、大事に育てていた。 今、ピンクと薄黄色の花が開き、他にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の木人形づくり Today's making woodendolls

午前中は、以前孫達に作ってやったリースを手直しした。 藤蔓が乾燥したため縮んでしまい、接着したところが剥がれたりしまったためである。 また、作りかけておいた木人形にも手を加えて完成させてみた。 小枝には、それぞれの顔があり、できあがった物には同じ物は二つとない。 そこが木人形作りの面白いところである。 山を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨のち曇り cloudy after rain

午前中は雨。3歳の孫の面倒以外は、何もすることがなかった。 It was rain in the morning. I had nothing to do except taking care of my grandson 3 aged. 夕方になって雲が高くなり明るくなった。家の前に出て、孫とゴムまりで野球をした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木人形づくり・・・2体 making 2 dolls

曇り空で蒸し暑かったが、ベランダにて木人形を2体作った。 It was cloudy and a little muggy. I made two woodendolls on the veranda. 人形のできは余りよくない。なんとなく気に入らないのだ。 They are not good. And I do no…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の木々と木人形 trees in the garden and woodendolls

木々は新緑から深緑となった。 Fresh greenery of many trees changed into dark green. 春先に芽吹いた山菜のコゴミ、コシアブラ、ハリギリもずいぶん大きくなって、もう食べられたものではない。 Edible wild plants Kogomi, Koshiabura an…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more