テーマ:創作童話

創作童話「ルークとコナラおじさんのぼうし」 パート2 ⑨~⑯

 以前に創った童話「ルークとコナラおじさんのぼうし」を紹介した折に パート2を飛ばしてしまいました。 ブログ友アルクノさんのお陰で気づくことができました。 空白を埋める形になりましたが、紹介します。 【パート2】 ⑨ こんにちは   きみたち このぼうしを おとさなかったかい ⑩ おとし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

創作童話「三兄弟(ルーク、サム、ダン)里山へ行く」・・・No.17~26

【17】  三人は 森の中に入っていくことにしました。 【18】  森の入口は 少し暗くなっていました。  でも 三人は 元気よく入っていきました。 【19】  森の木の上に 鳥のような妖精が 二人仲良く遊んでいました。 【20】 「お二人さん こんにちは」  そう言…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

創作童話「三兄弟(ルーク、サム、ダン)里山に行く」・・No.7~16

【7】  三人は きれいな花がさいているところに 出ました。  そこには 耳の大きな妖精がいました。  妖精は 「わたしは 歌をきくのは好きだけど うたうのは苦手さ」 と 言いました。 【8】  三人は 原っぱのはずれにあった 大きな木のところに来ました。 木の枝で あそんでいる妖精が 目に入りま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

創作童話「三兄弟 里山に行く」 ・・・・・表紙、1~6

写真撮影、ストーリー作製、場面構成等が終わり、一応童話らしいものが できたので、紹介します。 【表紙】 (題名「三兄弟 ルーク、サム、ダン 里山に行く」、作・和井凡稔) 【1】  ルークとサムとダンが家の前に出てみると、原っぱの方から歌声が 聞こえてきました。 「向こうの方で、誰か歌をうたっているね…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

童話に登場する妖精たち

現在童話を創作している。 その中に以前作っておいた妖精(漫画チックな木人形)たちに 登場してもらっている。 今回、最後の場面に登場する予定のコーラスグループの妖精たちを 紹介します。 名前はついていませんが、とてもユーモラスな顔だと思います。 全員で・・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

創作童話(絵本)「きれいになったお月様」

「きれいになったお月様」を創ったのは、9年ほど前になる。 その後、内容を部分的に修正したり付け加えたりした。 夢のような話であるが、こういう話こそ小さいときに大切だと思っている。 【表紙】 【1】  太郎の家は、山の中にあります。秋の夕暮れの空気はひんやりとして 気持ちよく冷えています。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

創作童話「丘の上のくすのき」

だいぶ前になるが、童話「丘の上のくすのき」をつくった。 紹介します。 {1}表紙 {2} これは、丘の上に生えていた一本のくすのきのお話です。 ある村の丘の一番上に、一本の大きなおおきなくすのきが 生えていました。 このくすのきは、もうずっと長い間この丘の上に一人だけで 生えていま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

創作童話「サムの夢」(後半)

【10】 「サム君、よく来てくれたね」      「みんなで遊ぼう」「お~い、みんな出てお出でよ」      妖精たちは、サムが来てくれたことを喜び、仲良く遊ぶことに      なりました。 【11】 「うわぁ~い。うれしいな」      サムもジョンも大喜びです。 【13】 縄跳びをしたり、妖精の背…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

創作童話「サムの夢」(前半)

 以前、何編かの童話を創りました。 その一つが、既に紹介した「ルークとコナラおじさんのぼうし」です。 今回は「サムの夢」を紹介します。  文・絵 和井凡稔 【1】 表紙 【2】 幼稚園でいっぱい遊んだサムは、夜ベッドにはいると     すぐ眠りについてしまいました。 【3】 サムが眠って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

童話「ルークとコナラおじさんのぼうし」製本完成

以前作成した童話の原稿をCDにおとして印刷所に注文しておいた。 それを9日(月)に手にすることができた。 資金があれば、もう少し推敲してハードな表紙にしたかったが、 趣味の範囲だから「これで満足しなくちゃ」というところだ。 お世話になった先輩や友人のところに何部か郵送した。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

創作童話パート4

(25)コナラじいさんは、ルークと木の上で たのしくあそんでくれました。 (26)ぼうしをもらったルークは 心をはずませて   家にかえっていきました。 (27)「ぼく だれがおとしていったか わかったよ。コナラおじさんだったよ」    「コナラおじさんだったのかね」    「ぼうしをいただいたのね。と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

創作童話パート3

⑰「こんにちは、きみたち いつもぼうしを かぶっているのかい」 ⑱「あたしたちの頭には すてきなかざりが ついているでしょ」   「ぼうしなんか かぶらないよ」 ⑲「こんにちは、きみたち ぼうしをおとさなかったかい」 ⑳「ぼくたちのぼうしじゃないよ」   「そのぼうし ルークくんにぴったりだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

創作童話 パート1

30ページの創作童話「ルークとコナラおじさんのぼうし」を 完成させた。 きょうは、1~8ページの写真と文言を紹介する 【表紙】 ルークとコナラおじさんのぼうし 【話の展開】 ①「あっ、ぼうしがおちている。だれがおとしたのかな」 ②「ママ、このぼうし だれがおとしたのかな」   「か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more